東南アジア

biotechSIRSは、東南アジア(ASEAN)の様々な地域で積極的に活動しています。
[ベトナム、シンガポール、カンボジア、ラオス、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ビルマ(ミャンマー)、タイなど]

観光、農業、貿易経済の地として長い間知られているこの地域は、製造業、産業、研究、開発能力を急速に発展させてきています。 6億人強の人口とUSD1.7兆ドルのGDPの複合的な魅力は、東南アジア進出を検討している企業に絶好の機会を提供します。この地域には十分な天然資源があり、輸送や貿易航路に優れていて、熟練労働者、エンジニア、研究者たちは増加しています。さらに、東南アジア諸国政府は、経済発展に拍車をかけるため、政府政策および政府後援の研究試みを積極的に創り上げています。

私たちは、これらの国々の経済と生活水準の上昇として、国内製造業、合弁事業、共同研究及び上昇する貿易水準の中に、力強い成長を見ています。アジアの他の地域においての昨今の地政学的再編成と一部の不確実性に、東南アジア貿易圏の更なる重要性を予見します。

 

 

ミャンマー
数十年間の制裁の終了、大規模なインフラプロジェクトとともに急速に成長し始めている市場

インドネシア
数十年ぶりの政治的安定による巨大市場。科学技術とインフラ

マレーシア
IT、電子機器製造、石油化学、大規模インフラプロジェクト

シンガポール
優れた科学技術を持つ、小さく現代的な国

タイ
建設、科学技術および自動車市場の成長による大規模市場

フィリピン
大規模インフラプロジェクトや半導体製造技術

カンボジア & ラオス
大規模インフラプロジェクトの発展途上市場