インド

india_resize

2011年、インド経済は、購買力平価(PPP)換算でUSD4.6兆ドルの世界第3位、実勢為替相場USD1.8兆ドルの世界第10位と報告されました。同年の暫定国勢調査では、人口12億人に達し、人口ランキング世界第2位、また世界第1位の民主主義国家となりました。1990年代初頭、政府が政策変革として経済の自由化に着手して以来、インドは国内総生産(GDP)で力強い年間成長を見せてきました。4億8760万人の労働力が生じ、過去20年間にわたって6%近くの年間GDP成長率を見せています。これは、世界で最も急成長している経済番付けになります。2001年から2011年までの絶え間ない発展は、工業製品の輸出総額比率を14%から42%の3倍のへと引き上げました。高度な教養、熟練した労働力に加えて、インドの中産階級の指導力の成長が、国内市場の急速な成長へと導いています。

 

インドの産業部門は、GDPの26%を生み、繊維、電気通信、化学、製薬、バイオテクノロジー、食品加工、鉄鋼、輸送機器、セメント、鉱業、石油、機械、およびソフトウェアを含んいます。
いくつかの産業は、過去5年間でダイナミックな成長を遂げましたが、特に注目すべきなの電気通信、自動車、ソフトウェア部門です。主な成長要素としての教育レベル高成長や優秀なエンジニア資力の急速拡大などとともに、インドの通信業界が世界で最も急速に成長してきており、次いで自動車産業は世界で第2位の急成長をみせています。ITアウトソーシングにおいて、英語を話すソフトウェアエンジニアの数の存在が、インドを世界で第二位の人気へと導いています。IT部門は、約280万労働者を雇用しており、インドのGDPの7.5%を生産しています。

あまり知られてはいませんが、インドで急成長しているその他の分野が、バイオテクノロジー/  医薬品 と再生可能エネルギーです。現在、インドで生産されたエネルギーの8%が再生可能エネルギー源から派生しており、今後10年間で急激に成長すると予想されています。バイオテクノロジー/  医薬品 市場は、2020年までにほぼUSD50億ドルに達すると予測されています。

最近のアジア太平洋地域の地政学的なピボットは、インド経済の将来において、私たちのチームをさらにしっかりとした視野へと導いています。インドと日本間において増加するクロスボーダーM&A活動、共同化学技術開発、共同生産、共同研究の取り組みを予見しています。私たちはこれらの分野でお客様を支援するために最適の条件を取り揃えています。特にバイオテクノロジー、IT、機械、セメント、鉱業分野で、広範囲にわたるインドの科学技術の知識を持ち合わせています。科学技術の概要分析、マーケティングリサーチ、インフラ·プロジェクト、駐在員事務所の設立、現地生産施設の設置などでお客様をご支援いたします。